食品だけじゃない!スキンケアにもラクトフェリン

母乳や牛の乳に含まれるラクトフェリン。感染症から体を守ってくれるだけでなく、
抗ガン作用や内臓脂肪を減少させる働きもあることから、近年注目されている多機能タンパク質です。


熱や酸に弱いため、気軽く摂取すことが困難とされてきましたが、現在ではラクトフェリンの活性を保持したまま
製造過程に取り入れる方法が研究され、粉ミルクやサプリメントに活用されるようになりました。


そしてこのラクトフェリン。健康に良いだけでなく、エイジングのためのスキンケアとしても力を発揮することがわかっています。


【ラクトフェリン配合のスキンケアは羽生結弦の四回転と同じ】

ソチオリンピックの金メダリスト羽生結弦。彼は表現力もさることながら、成功率の高いジャンプでも有名です。
難しいジャンプを体力の落ちる演技の後半にもってきたり、今季はフリーで四回転を三回跳ぶなど、果敢に挑戦を続ける姿勢は、
多くの人の心を捕らえました。しかし、今は男子フィギュアでは四回転を跳ぶのは普通のこと。実際に多くの選手が四回転を跳んでいます。

 

ではなぜ羽生結弦の得点は他の選手より高くでるのでしょう。

 

それは、スケートにはそれぞれの技に付けられる基礎点と言われるもののほかに、
GEOという出来栄え点というのが加味されるからです。彼のジャンプはこの出来栄え点で高い評価を受けています。


さて、エイジングケアに必要な、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸。
これらを取り入れる状態がスケートでいう基礎点なら、出来栄え点はラクトフェリンです。

 

それぞれの産生時にラクトフェリンを加味することで、コラーゲン量は160%、エラスチン量は170%、ヒアルロン酸量は350%アップすることが実証されています。

肌への弾力やうるおい成分を促進するラクトフェリン配合のスキンケアなら、高得点なアンチエイジングが望めますね。