ラクトフェリンの効果と副作用とは何か

ラクトフェリンは、タンパク質の一つで、母乳や動物の乳に含まれている成分です。ラクトフェリンには、腸内の環境を整える、免疫力を高める、老化を防ぐ、胃の状態を良くする、貧血予防、内臓脂肪を減少する、歯周病を予防するといった効果があります。
内臓脂肪を減少する効果があるため、ダイエットの際にラクトフェリンを摂取すると、より脂肪を蓄積せずにすみます。
また、健康面では、ウイルスの殺菌効果や風邪の予防、大腸がん肺がん予防、皮膚炎や水虫の治療と予防などがあります。
腸内の環境を整えるため、便秘になりにくい効果がありますが、これは、ラクトフェリンが悪玉菌の餌となる鉄分を吸着するため、悪玉菌が増えず、善玉菌が増えるためです。
風邪などの感染症を予防するのは、体内に侵入したウイルスや異物を排除する働きのあるナチュラルキラー細胞を活性化することができるためです。ノロウイルスや、インフルエンザ、ロタウイルスなど感染力の強いウイルスも予防することができます。
副作用は、ありませんが、過剰に摂取すると下痢をしたり、お腹が緩くなったりすることがあります。また、ラクトフェリンの特性として、胃で分解されてしまうので、効果を十分に発揮することができないことがあります。サプリメントで摂取する場合は、コーティングされたものを選ぶと良いでしょう。
副作用は心配ないですが、なんでも一つのものを取りすぎるのはよくありません。バランスよく栄養分をとることにより、体内で有効に働くことができます。