ブルーベリーサプリの効果を高める摂取方法

スマホやパソコンなど現代人を取り巻く生活環境は目を酷使することが多いといえます。
そんな中で常に眼精疲労やドライアイの症状に悩んでいる方も少なくありません。
こうした目の症状に効果的として世に広く知られているのがブルーベリーサプリです。
眼精疲労やドライアイなどの症状を少しでも軽減するために、日ごろから摂取しているという方も多いことでしょう。
ブルーベリーサプリには、非常に高い抗酸化作用を持つ成分であるアントシアニンやアスタキサンチン、目への刺激を軽減する作用を持つルテインなど目によいとされる様々な成分が配合されています。
こうした成分は食事からもとることができるものはありますが、サプリの場合、必要な成分量が凝縮されていますので、効率よく目によい成分を摂取することができるのです。
そんなブルーベリーサプリですが、少しだけ摂取方法に気を付けることで効果を高めることが可能です。
基本的にサプリは医薬品と違いますので、メーカーが定めた一日の目安量を守りさえすれば、どのようなタイミングで飲んでも問題ないとされていますが、効果を高めたいのであれば成分が吸収されやすい食前にグラス一杯程度の水と一緒に飲むことがポイントです。
簡単な事ですが、こうすることによって吸収率を上げることができますので、効果を高めることに繋がるのです。
またもう一つのポイントが、可能であればビタミンCも一緒に摂取するということです。
ビタミンCとアントシアニンを同時に摂ることで通常の5倍の抗酸化作用が期待できるようになりますので、より効果を高めることになるのです。